2021年10月12日

弊社は展開する教育プログラム「ブロックチェーンアカデミー」において「起業塾!」シリーズ(全2回)を2021年11月10日(水)から開講します。

前編 https:// blockchainacademy20211110.peatix.com
後編 https:// blockchainacademy20211117.peatix.com

(開催概要)
日時:2021年11月10日(水)・11月17日(水)19:00~20:15
場所:オンライン(Zoom)
参加費用:各回2,500円(全2回一括購入4,200円・弊社コーポレート会員は無料)


2021年9月10日

弊社は、一般社団法人日本セキュリティトークン協会(以下「JSTA」)が主催する第2回セキュリティトークンビジネスアイデアコンテスト(以下「本コンテスト」)に協賛します。

弊社はブロックチェーンを活用した新事業の創造をミッションとして2016年1月に創業しました。弊社はアントレプレナーシップ(起業家精神)こそがイノベーションの原動力であると考えています。2017年2月に日本初のブロックチェーン専門の創業支援拠点を設置(東京都渋谷区(当時))し、2019年10月には客員起業家制度(EIR)を導入し、一貫して起業家の創業支援に取り組んできました。

セキュリティトークンに関しても、金融領域のみならず様々な産業分野で大きな社会的なインパクトをもたらす技術であると考え、2019年5月に弊社創業支援プログラムのもとで、一般社団法人日本セキュリティトークン協会の創設を支援し、以来、創設パートナーとして協会活動を支えております。

本コンテストは、「セキュリティトークンで新たなマーケットを拓け!」をテーマに、セキュリティトークン技術を用いた新たなビジネスモデル・プロダクトの創出を目指すものです。本コンテストをきっかけに、セキュリティトークン関連のビジネス領域において起業を志す方々を支援できれば幸いです。

<開催概要>
■    主催 一般社団法人日本セキュリティトークン協会(https://securitytoken.or.jp/
■    後援 一般社団法人Fintech協会(https://fintechjapan.org/
■    応募要項
応募方法:本コンテスト専用Webサイトからの応募 https://contest.securitytoken.or.jp/c2021/

必須項目:
ビジョン・解決したい課題
アイデアの新規性
セキュリティトークンならではの特色

応募資格:
本コンテストのコンセプトに共感いただける方
個人・法人・グループでの応募も可能です
応募形式は自由です

■    募集期間:2021年9月10日(金)~2021年11月12日(金)

■    賞金・入賞特典

  • 最優秀賞:賞金50万円+事業化支援金50万円(事業化支援金のお支払いには一定の要件があります)
  • 優秀賞:賞金20万円
  • アイデア賞:賞金20万円
  • Fintech協会賞
  • 協賛企業賞(BlockchainHub賞:有料セミナー無料受講券、FinGATE賞:FinGATE KAYABAのコワーキングスペース3ヵ月無償貸与(一定要件あり))

■    審査プロセス(新型コロナ感染症の流行状況によっては様式・スケジュールが変更となる場合があります)

  • 1次審査:2021年11月19日(金)書類審査
  • 2次審査:2021年12月2日(木)会場プレゼンテーション審査
  • 受賞者決定:2021年12月

■    審査員

  • JSTA理事・正会員各社
  • Fintech協会(Fintech協会賞のみ)
  • 協賛企業各社(協賛企業賞のみ)

◆    セキュリティトークンとは(JSTAによる定義より引用)
ブロックチェーンネットワーク上で発行されるデジタルトークンのうち、有価証券その他の資産や価値の裏付けを有するものを指す。ブロックチェーンの特性を活かし、裏付資産に対する権利をボーダーレスかつセキュアに移転可能とする。日本法上では、典型的には金融商品取引法上「電子記録移転有価証券表示権利等」と定義されるものを指すが、JSTAでは、同法の適用のない資産等に対する権利をトークン化したもの及び当該権利を表示するトークンをも広くセキュリティトークンの定義に含む。


2021年9月10日

弊社は展開する教育プログラム「ブロックチェーンアカデミー」において「実践!スマートコントラクトプログラミング」セミナーを2021年10月6日(水)から開講します。

第1回:https://blockchainacademy20211006.peatix.com
第2回:https://blockchainacademy20211013.peatix.com
第3回:https://blockchainacademy20211020.peatix.com
第4回:https://blockchainacademy20211027.peatix.com

(開催概要)

日時:2021年10月6日(水)~10月27日(水)毎週水曜日19:00~20:30
場所:オンライン(Zoom)
参加費用:各回3,000円(学生500円・全4回一括購入10,000円・弊社コーポレート会員は無料)
参加要件:前提となるシステム環境についてはPeatixページをご参照いただき、各自でご用意ください。


2021年8月13日

弊社は、英ケンブリッジ大学・世界銀行・世界経済フォーラムが取り組む、新型コロナウイルス流行のフィンテック業界への影響に関する調査プロジェクト「The Global Covid-19 Fintech Market Market Impact and Industry Resilience Survey」について、日本における調査パートナーとして参画します。

本調査プロジェクトは、英ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センター(Cambridge Centre of Alternative Finance、以下「CCAF」)が世界銀行・世界経済フォーラムとともに2020年に実施した「The Global Covid-19 Fintech Market Rapid Assessment Survey」の後続プロジェクトとなります。新型コロナ(Covid-19)感染拡大によるフィンテックマーケットへの影響を引き続き調査するとともに、そこからの復活の兆しについて、以下の4つのテーマから調査するものです。

  • 2019-2020年の取引量やその他の業界パフォーマンス指標を含む主要な市場データ
  • FinTech企業が提供する顧客向けの商品やサービスの戦略的な変化
  • フィンテックが受けている、また必要としている政策・規制上の支援
  • 新型コロナ流行下、フィンテックは主要な人口層(女性、中小零細企業、従来金融サービスにアクセスできなかった人々など)にどの程度サービスを提供できたか

弊社はこれまで、CCAFが主催した調査プロジェクト「3rd Global Cryptoasset Benchmarking Study」(2020年)「The Global Covid-19 Fintech Market Rapid Assessment Survey」(2020年)に調査パートナーとして協力し、またトークセッション「Global Trend of FinTech」(CCAF共同創設者Bryan Zhang氏が登壇)(2019年)に会場協賛するなど、CCAFと良好な関係を築いてきました。本調査プロジェクトにおいて弊社は、日本企業を対象とした調査実施を支援し、市場関係者・規制当局・政策決定者に有益な調査結果が得られるよう貢献します。

  • 調査回答ページ: https://jbs.eu.qualtrics.com/jfe/form/SV_bQxb4BbxAHN3y9U(調査回答ページは一部日本語翻訳されています)
  • 調査は2021年9月3日(金)(英国時間)まで行われ、2021年12月中に調査結果報告書を作成予定。
  • 調査対象となる業種は次の通り:Digital Lending, Digital Capital Raising, Digital Payments, Digital Banks and/or Savings, InsurTech, WealthTech, Digital Custody, RegTech and/or Suptech, Althernative Credit and/or Data Analytics, Exchange Services, Digital Identity, Enterprise Technology Provisioning

◆   英ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センターについて
英ケンブリッジ大学のビジネススクールであるジャッジビジネススクールに所属し、ブロックチェーンや暗号資産を含むオルタナティブ(非従来型)金融に関する研究を行う機関。多数の産業/規制関連調査レポート発行や、185か国4500社のフィンテック関連企業に対する年次調査を行っている。
【代表者】共同創設者 Robert Wardrop・Bryan Zhang・Raghavendra Rau
【設立】2015年
【所在地】10 Trumpington Street, Cambridge, CB2 1QA, UK
【URL】https://www.jbs.cam.ac.uk/faculty-research/centres/alternative-finance/


2021年7月26日

弊社は、近畿大学 山﨑重一郎教授・株式会社日本総合研究所 金子雄介氏をお招きし、オンラインセミナー「Blockchain : Rethink / いまこそ、その根本を再考する」を2021年8月23日(月)に開催します。

https://blockchainhub20210823.peatix.com/

(開催概要)

(登壇者)

  • 山﨑重一郎(近畿大学産業理工学部情報学科 教授)
  • 金子雄介(株式会社日本総合研究所 先端技術ラボ エキスパート)
  • 斎藤賢爾(株式会社ブロックチェーンハブ CSO、早稲田大学大学院経営管理研究科 教授)
  • 増田剛(株式会社ブロックチェーンハブ 代表取締役社長、一般社団法人日本セキュリティトークン協会 代表理事、慶應義塾大学SFC研究所 上席所員)

(*)登壇者のブロックチェーンに関する近著:
山崎重一郎・安土茂亨・金子雄介・長田繁幸(共著)「ブロックチェーン技術概論:理論と実践」講談社,2021年6月28日発売,ISBN:978-4065240939.
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000353684
ケビン・ワーバック(著),山崎重一郎(監訳),山﨑裕貴(翻訳)「ブロックチェーンの技術と革新 ~ブロックチェーンが変える信頼の世界~」ニュートンプレス,2021年6月15日発行,ISBN:978-4315523850.
https://www.newtonpress.co.jp/book/other/210615_BlockChain.html


2021年7月19日

弊社は展開する教育プログラム「ブロックチェーンアカデミー」においてブロックチェーン基盤技術セミナー(全7回)を2021年8月18日(水)から開講します。

#1 技術概論 – 全体像を90分で掴む
https://blockchainacademy20210818.peatix.com/
#2 ビットコインの技術 – 暗号資産の原型を知る
https://blockchainacademy20210825.peatix.com/
#3 イーサリアムの技術 – ブロックチェーンの応用基盤
https://blockchainacademy20210901.peatix.com/
#4 スマートコントラクト – トークンの設計からシェアリングエコノミーまで
https://blockchainacademy20210908.peatix.com/
#5 ハイパーレッジャーとその他の分散台帳技術 – ビジネス応用基盤をマルっと理解
https://blockchainacademy20210915.peatix.com/
#6 ビヨンドブロックチェーン基礎 – ブロックチェーンの課題を乗り越える
https://blockchainacademy20210922.peatix.com/
#7 ビヨンドブロックチェーン応用 – 限界を超えたとき、初めて見えるものがある
https://blockchainacademy20210929.peatix.com/

(開催概要)

  • 日時:2021年8月18日(水)~9月29日(水)毎週水曜日19:00~20:30
  • 場所:オンライン(Zoom)
  • 参加費用:第1回無料、第2回以降各3,000円(全7回一括購入で10%オフ・弊社コーポレート会員は無料)

2021年7月16日

弊社は展開する教育プログラム「ブロックチェーンアカデミー」において会計セミナー「STOの会計基準の動向」を2021年7月29日(木)に開催します。

(開催概要)


2021年7月12日

弊社は、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ・株式会社北海道銀行・株式会社岩手銀行・株式会社七十七銀行・株式会社沖縄銀行が主催するビジネスコンテスト「X-Tech Innovation 2021」(以下「本コンテスト」)に協賛します。

弊社は、昨年開催されたX-Tech Innovation 2020にも協賛した他、本コンテストの主催企業の1社である株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(以下「ふくおかFG」)傘下の福岡銀行が運営するコワーキングスペース「DIAGONAL RUN TOKYO」(東京都中央区)にオフィシャルパートナーとして参画しています。

ふくおかFGとの更なる連携強化、ならびに、本邦のアントレプレナーシップ促進を目的として、昨年に引き続き今年も、X-Tech Innovationに協賛いたします。「Social Digital Goods (SDGs)」を共通テーマとする本コンテストを通じて、先行き不透明で困難な時代を切り拓く創造性豊かなビジネスアイデアが多く生まれることを期待しています。

  • X-Tech Innovation 2021について

急速に進展する様々なテクノロジーに着目し、業界・業種を横断する新しいサービス、ビジネスアイデアをスタートアップ企業等から広く募集することで、優れたアイデアを発掘・表彰すると共に、これらのビジネスアイデアの事業化に向けたサポートや、地場企業とのマッチング、既存ビジネスへの活用可能性を模索することで、地域経済の活性化を目指す取組み。今回で7回目の開催となる。

九州地区大会・北海道地区大会・東北地区大会・沖縄地区大会を経て、グランプリファイナル(東京)に至る、日本を縦断する地域共創型のコンテスト。

【募集期間】2021年7月2日(金) ~ 2021年8月23日(月)

【主催】株式会社ふくおかフィナンシャルグループ・株式会社北海道銀行・株式会社岩手銀行・株式会社七十七銀行・株式会社沖縄銀行

【募集テーマ】
《共 通》 Social Digital Goods (SDGs)
《九 州》 デジタルとリアルの融合
《北海道》 北海道の新たなステージへ
《東 北》 東北の新たなカタチ
《沖 縄》 沖縄のみらいを元気に!

【URL】https://www.ibank.co.jp/xtech2021/


2021年7月7日

弊社は、展開する教育プログラム「ブロックチェーンアカデミー」において「起業塾!」シリーズ(全2回)を2021年7月30日(金)から開講します。

今回開講する起業塾では、創業支援プログラムの導入部分として、起業に向けてビジネスモデルを考えている方、まだ具体的なアイデアはないが起業に関心がある方、などに広く、ブロックチェーン・ビジネスで起業する際に考えておくべきことや、起業の実務、資金調達のあり方について合計3時間で伝授します。

https://blockchainacademy20210730.peatix.com/
https://blockchainacademy20210806.peatix.com/

(講師略歴)
増田一之(株式会社ブロックチェーンハブ 取締役会長)
ブロックチェーン・IoT・ ナノテク等の領域で10社超の創業経験、慶應義塾大学SFC研究所上席所員、 早稲田大学大学院経営管理研究科講師、元日本興業銀行部長、 早稲田大学学術博士(ベンチャー論)、 ペンシルバニア大学ウォートン校MBA、慶應義塾大学修士( メディアデザイン学)、著書「実践ブロックチェーン・ビジネス」 「ハイテクベンチャーと創業支援型キャピタル」他

起業家支援実績

  • 早稲田大学 Global Tech EDGE NEXT(文部科学省が支援するグローバル起業家人材育成プログラム)評価委員(現職)
  • 東京大学 Global Tech EDGE NEXTメンター
  • 慶應義塾大学メンター三田会(起業家候補生のためのメンター組織)メンター(現職)
  • TXアントレプレナーパートナーズ(起業支援エンジェル組織)創設(現顧問)
  • 山形大学工学部発スタートアップを創業
  • 産業技術総合研究所発スタートアップ3社を創業
  • ㈱ブロックチェーンハブにて、10社超を共同創業

起業家教育実績

  • 早稲田大学大学院経営管理研究科「ブロックチェーンによるビジネス変革」講師(2017年〜)
  • 山形大学客員教授(2018年~2020年)
  • 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科「ベンチャービジネス論」講師(2007年〜2016年)


2021年6月17日

国内金融市場で急速に注目を集めているセキュリティトークン(若しくはデジタル証券)。2021年には、大手金融機関を始め、多くの企業が様々な領域における取り組みを発表しています。

弊社 株式会社ブロックチェーンハブ は、2019年当時、日本におけるきたるべきセキュリティトークンビジネスの拡大を見据え、2019年5月に一般社団法人日本セキュリティトークン協会(JSTA)の創設を支援し、同協会の創設パートナーとして活動を共にしてきました。

今後、実証実験を越えたコマーシャルベースのプロジェクトがさらに生まれていくことが期待されています。より多くのプレーヤーの参入を促すと共に、日本におけるセキュリティトークンビジネスの現在地を整理するべく、このたび「Japanese Security Token 2021」を作成しました。

Japanese Security Token 2021(2021年6月現在)

注)本図は当社独自に作成しており、サービスの網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。商標およびロゴマークに関する権利は、個々の権利の所有者に帰属します。掲載に問題がある場合はこちらまでご連絡ください(変更修正に対応しかねる場合もあります)。

弊社は、引き続き、JSTAと共に日本におけるセキュリティトークンビジネスの成長に寄与すべく活動してまいります。


Privacy Settings
We use cookies to enhance your experience while using our website. If you are using our Services via a browser you can restrict, block or remove cookies through your web browser settings. We also use content and scripts from third parties that may use tracking technologies. You can selectively provide your consent below to allow such third party embeds. For complete information about the cookies we use, data we collect and how we process them, please check our Privacy Policy
Youtube
Consent to display content from Youtube
Vimeo
Consent to display content from Vimeo
Google Maps
Consent to display content from Google